富士の魔力2016/07/01 11:42

ご無沙汰しております!なんてことでしょう、もう最後に更新してから半年以上経過!時のたつのは早いものですね(←)

さて、ちょっとばかり前の話になってしまいましたが、富士山について。
以前、長田のホームページからお問い合わせいただき、大きなサイズの越前和紙をお買い上げいただいた方の個展が、前回と同じ東銀座のギャラリーでひらかれました。
完成間近のころ、メールで一足先に見せていただいた富士山は、タブレットの小さな画面にも関わらず鳥肌が立つほどの神々しさでしたが、1.8×3メートルの実物はやはり相当な迫力でした。
一歩踏み込んだとたん、ギャラリーいっぱいに広がる富士山のすそ野。一枚目の作品、小豆島の「千年オリーブの木」は、ただ静かにそこに佇んでいる、その存在にふんわり包まれるようでしたが、今回は違う!こちらにぐいぐいと迫ってくる何かの力に、引っぱられる感じがしました。
これが色鉛筆で描かれたものとは…前回以上に驚きです。繊細で優しいイメージのある色鉛筆のタッチが、ここまで力強いものになり得るのですね。

静岡生まれの大沼信之さん、富士山には格別の思い入れがあると仰られていました。この絵を描くための習作(といっても完成度が高い!)の数々からもその心は十二分にうかがえます。富士山というモチーフそのものに力があり、それを選ぶことだけでも並大抵のことではない。以前に描かれたものとは明らかに、何かが違うと感じました。
越前和紙が繋いだこの不思議なご縁に、改めて感謝したい気持ちに加え、一種の畏怖の念にもかられています。富士の力を存分に得たこの方は、いったいこの先どのようなものを描かれていくのだろう? 一年の間、全力で大作に取りかかられ、しばらくは休みたいと仰られていましたが、まだまだ、むしろこれからどんどん描いていただきたいと思います。その際、紙の神がおわします越前の和紙がもしまたお役に立てるならば、こんなに嬉しいことはありません。
新たな挑戦、期待しております!

以下、大沼さんのご友人が作られた個展&ギャラリー動画を置いておきます。

私も頑張らなくちゃ…とりあえずブログ更新を。