山の彼方2009/05/09 09:50

5月5日夜8時過ぎ
今から川上御前さまをはじめ他の神様たちが
奥の院にお帰りになります



文室へ権現様を送っていった
無垢木の神輿もお供します



明かりを落とされた中
神様たちが御神輿に乗られます



さあ、出発です





ああ、下りて来なった



お祭りも終わりやのぅ
ほやのぅ



「まだいいげの」「いやいやもう帰らなあかん」







御前の神輿を慕い
赤い提灯の列が山道を照らす
ゆらゆらと





さよなら
今度は十月にの

ありがとう
また会う日まで
どうかおげんきで

よいさほいさ2009/05/08 21:19

お祭り最後の日は、5月5日
こどもの日でもあるからして



こども神輿であります



えんえんとつづく



子どもの列、まだまだ



まだまだつづく



「この辺、こんなに子どもいたっけ?」
「いや、こんなに沢山は初めて」



おそるべし、御開帳の威力

おとなだって、まけてられないぞう
ってわけで
「廻り神輿」、意気揚々と登場



さて、廻り神輿とはなんぞや?

この地域は「五箇」といいまして
神社のある大滝を一番奥に
岩本(いわもと)、不老(おいず)、新在家(しんざいけ)、定友(さだとも)
という名の五つの集落があります
それぞれの集落の神社を、神輿の一団が順にまわるというわけです



先触れの太鼓



一番最初の休憩所である(笑)
実家の近くに下りてきました
それ、おもてなし
長女は麦茶、息子はかきもち、次女は缶ビールなど両手に持って



今年は月尾地区からの応援も加わり、人数倍以上
私もチーかま&クラッカーなんぞをすすめてみたり



「最初から飛ばすと、もたんざ」「わかってるわ」





実家のまん前で
「よいさ、ほいさ」「よいさ、ほいさ」
なんと縁起の良いことよ



「よっしゃ、次いこか」

私たちも、遅いお昼を食べようっと

てことで数時間後、岩本神社にやってきました
廻り順としては最後から二番目
ここにたどりつくまでに皆さん
どんだけビールやら酒やらのんだくれていることでしょうか

来た来た♪



「なんや、まだまだ元気やな」とは
現在東京在住の兄の言





階段だってへっちゃらだい

しかし大変なのはここから
一旦上で休憩をとったあと
一路、ゴール地点の大瀧神社へ!
となるはずが



まだいいげ、もうちょっといよや



あかんあかん、もう行かなあかんのじゃ






「おとすなー」「おとせー」
「もどせー」「もどすなー」

次女のつぶやき
「あんなにされて、かみさま、めいわくじゃ?」
みんな、神様に帰ってほしくないんだよ
自分の場所にもっといてほしいのさ





はー



きゅうけい



気を取りなおして



行くぞお
まだまだ若い衆には負けんで



おらおら



若者登場



神輿二基、は御開帳の年ならでは

「どうやこのもみ具合! イケてるやろ」
「おじいちゃん、カッコいい♪」



この勢いでいくぞー、お宮まで一番乗りや















お疲れ様です
「おう、どんどん撮っとっけ」



このあと、ご神体をのせて山へと向かいます

また来ねの2009/05/08 16:24

5月4日
祭りも中日の、今日は朝から例大祭









準備万端ととのえて









お手水を手伝う巫女さん二人は高校生、
姪っことそのお友達
がんばれ♪





みなさん定位置について



奉納のお品を順々に送る













再び、浦安の舞の奉納を終え



やや? この集団は?



川上御前さま、登場



「そなたたちに紙すきの技を授ける、よく見ておきなさい」「ははーっ」





♪紙の神様に習うた教え なんでちゃかぽか 変えらりょか♪





人間国宝・岩野市兵衛さんの朗々たる歌声のあとは





笛と三味線、長唄
こちらも職人の音
そして



中国・故宮博物館でも催されたという、能「楊貴妃」



さて
とっぷりと日も暮れて
権現さまの帰られる時間も
迫ってまいりました



お名残惜しいけれど



また、しばしのお別れです





厳重にそのお姿を隠される権現さま
「あらぁ、全然みえんかったわ」「ちょっとくらい見せとっけてもいいのにのぅ」「ほんとやのぅ」



いよいよ神社を出られます



「ほんな慌てて帰らんでもいいがの」「もう一晩おいでなればいいのに」「しょうがない、向こうでも待ってなるで」「ほれもほやのぅ」









「かみさま、あれにのってたら、おそとがみえないんじゃない?」







遠いところから
よう来ておっけた
ありがとの
なあもお構いできんかったけど



また来ねの
待ってるでの

明日は最終日です



神も仏も2009/05/08 12:38

5月3日、朝



お社の最上段に鎮座まします神様たち
その麗しきお姿は、御簾越しにちらり





そんな中、現れたのは







お坊様の行列





階段を昇り



「法華八講」の始まりです



お社の前、杉の木に囲まれて問答は続く
朗々と天に響く声
かつては日本各地で見られた光景といいますが



やっぱり不思議

その後、下の境内では「湯立ての神事」





祈願札を窯下の火できよめ、湯玉を体にかけて諸願成就・家内安全
てことで

見合って見合って









はるばる伊勢から来たお神楽さん
たくさんのギャラリーを前に大張り切り

そうこうしているうちに日も落ちて



宴たけなわ



うらの歌、聞いとっけの御前さま



私たちもがんばりまーす♪
南中ガールズ

まだまだ
祭りは続きます

おかえりなさい2009/05/07 20:56

五月二日夕方、まだ静かな神社







日も暮れてきましたよ
そろそろお迎えに出かけよう





まだ来ならんのけ
遅れてるんてなのぅ



まだけ? 待ち遠しいの





来なったよ!



文室・五皇神社から、434年ぶりのお里帰り
あたらしい木の香りにつつまれて、しずしずとお通り







神主さん、可愛い巫女さんたちに迎えられ境内へ
よう帰んなった、ゆっくりしてっておっけ





笛や太鼓のお出迎え、おさか同級生も吹いてます
お隣のMちゃん♪お元気そうでなによりです






氏子の女子小学生四人で舞う浦安の舞
おさかも踊りました、うん十年前(笑)



夜更けまで、歓迎の人であふれるお社前
二人の川上御前さまも、積もる話に花を咲かせておられるでしょうか?
明日はいよいよ祭り本番です