有限と無限2015/09/25 19:04

雨の中、行ってまいりました。
ニコライ・バーグマン伝統花伝」@シャングリ・ラ ホテル東京27階、最終日でした。

デンマークはコペンハーゲン生まれのフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン氏の新作披露展覧会で、日本の伝統工芸品や美術作品がコラボレートされてます。そのひとつが人間国宝・岩野市兵衛さんの和紙。
こうして見ると生クリームののったケーキのよう。上からのぞくとミルフィーユの如く和紙が幾重も層をつくっています。和紙も元々は植物なのでお花には馴染みやすいのでしょうか。半端ない一体感でした。これだけはむしろお花より紙が主役のような、という印象は身内びいきか?一緒に行った長女は「市兵衛さんの紙がこんなに…何かもったいない」と。
シャングリ・ラ ホテルのビルは東京駅の真ん前という絶好のロケーションですが、26階まではオフィスが入っていて、エントランスは意外なほどこじんまりしています。ですが一歩入ればそこはさすがの5つ星。それはそれはゴージャスで贅沢な空間が拡がっておりました。
27階の会場には、そのラグジュアリーな雰囲気に負けないばかりか、更に引き立て更に輝く、華やかでゴージャスな作品の数々が展開されておりました。写真がうまくなくて申し訳ない。






実物はもっと色彩豊かでキラキラしていました。作品はもちろんのこと、ライティングの技術も素晴らしい。まさにプロの仕事!

このフラワーアート、生きた花を使っている以上、絵画や彫刻のように保存することはできない。花がその命をまっとうする前に、展覧会も「終わらなければならない」。非常に儚いアートです。いっぽう今回コラボした伝統工芸品たちはそれほど短い命ではない、和紙、焼物、漆器、織物といった、ともすれば人の寿命を遥かに超えてその姿を保ち得るものばかり。花はその命の短さ故に、その瞬間の美を切り取って最大限に発揮することに意義がある。器と成る工芸品にしても永遠にその姿を保つものではなく、二度と同じ花に出会うことはない。有限であるもの同士だからこその一期一会は、その空間を精魂込めてつくり上げる人がいる限り、無限に生まれ、続いていく。

外国人ビジネスマンも多く行き交う東京丸の内、近代的なタワービルの中に構えたシャングリ・ラが、彼のアートを採用している理由がわかるような気がした。エントランスやホール、廊下などはもちろんお部屋の中にも置いてあるらしい。うーん、泊まってみたいものだ。

とにかく圧巻の展覧会。雨だけど行ってよかった!画像は私のへったくそなやつより、ネット上に沢山きれいなのが落ちているので検索してみてください。あの色を出すのはさすがのiPadさんでも難しかった…というか私が使いこなしていないだけかも。

ぐるぐるまわる2014/11/06 22:17

今年はお客としていってまいりました、インターナショナルバザー@東京アメリカンクラブ。今年はだいぶ様子が違っていて、B1にアーティストスペース(購入可能)、B2下りて右のBrooklyn Roomは半分がカフェスペースに。お客様によく「飲食できるところはないの?」と聞かれたので、この企画は中々いいかも。
メインのManhattan Roomは、版画やうつわ、漢字JPなどおなじみのお店が並ぶも、全体的に店の数は少なく、隣同士かなり余裕がありスッキリしている。去年まであった家具関係は全くなく、小物系で固めている印象。各お店で出している品物も、心なしか数と種類を絞っているような?
二日目のお昼前、そこそこの人出。
去年まで一緒にここで過ごした人たちに、来年は是非!またトライして、と励まされつつカワイイ十二支のてぬぐいと優れもののフレームを買い(後で記事にします♪)さて帰ろうか。あらそういえばB1覗いてなかったわ、一応見に行くか。

という軽い気持ちだったにもかかわらず、買っちゃった!
yohei yamaさんは埼玉出身のアーティスト。本人はフランス在住なのでいらっしゃらなかったが、店番をしていた方は私と名前一字違い。あらまあ何でしょうこの御縁は。いろんなものが見えている感じのドローイング。ぐるぐる渦巻いてその「いろんなもの」を引き寄せる。さて越前和紙は引き寄せられたのか、それとも逆に引き寄せたのか。
旅するアーティストのyamaさん、修験者のお父様を持つサポーターのOさん、是非福井に、いろんなものがてんこ盛りの越前和紙の里に、いらしてくださいね♪

今回出ていなかった家具類は、四月に別途saleをするようです。もしかしたらお呼びがかかるかな?

2014「福時」終了!2014/04/23 10:17

「福時」2014.4.19-21、お蔭様で沢山のお客様のご訪問をいただき、無事三日間の日程を終えました。おいでいただいた皆さま、本当にありがとうございました!

「越前和紙の茶室」。普通に写真に撮ってみるとほら、中の人は判別できない。

けれど現地にいて自分の目で見ると、しっかりくっきり分かります。もちろん今のカメラの性能なら、いろいろと設定をいじれば映るように出来るのかもしれませんが、人は深く考えずとも意識を向けるだけでいろんなものを「見る」ことができる。つまりはそれほど人間の「意識」の力はすごいということなのでしょう。
「ただの」紙が木枠に留められているだけ、強い力を加えれば簡単に破壊できるようなか弱い「仕切り」が、見事に「茶室という空間」を形作り、淹れる人、いただく人両方に程よい緊張感と集中力を与えていました。内からは外が見え、外からも内が見える。外と内は分かれていても、隔ては無いに等しい。同じなのに違う。違うのに同じ。対立すると思われるものが両立している、それこそが「お茶の心」だと文房流の先生にも教えていただきました。
毎年美味しいお茶とお菓子を愉しませていただいてましたが、今年は本当に格別でした。自分自身が、回数を重ねることでやっと気づいただけなのかもしれませんが。

源氏物語の時代にはバーチャルな、いわゆる「結界」に近い意味合いでの仕切りや隔てであったものが、襖などのより機能的な建具になり、壁になり、出入りの自由はどんどん狭く小さくなり、今やドア以外に開口のない個室が一般的となりました。それはそれで便利だし、プライベートを守っていくには必要な流れではありましたが、やはりそればかりでは息が詰まってくるのかもしれません。元々何もない空間に意味を成し、遊び、楽しむ能力に長けた日本人です。普段オートロックのマンションに住まい、最新式の機器に囲まれて生活していても、時々こうして原点に帰ることは日本人として必要であるとともに、無上の喜びをもたらすものである、と思います。

さて、次なるイベントのお知らせです。

紙の神様、川上御前が住まわれている山上の本殿からお下りになり、祭の間里宮にご滞在されます。地元小学生による浦安の舞やお神輿、奉納太鼓などの神事はもちろん、和紙の里通りでのイベント、長田製紙所も参加する「掘り出し市」(お得!)など盛りだくさんのお祭りです。GW、是非足を運んでみてくださいませ♪

「福時」2014もうすぐです♪2014/04/03 10:20

長らく更新をサボっていたら、もう四月に!いつもズボラですみません。春休みは怒涛の日々ですと言い訳しつつ。

さあ、ずっと先だと思っていた「福時」。そろそろ始まりますよ。
福時~福井時間をご一緒に
日時:4/19(土)~21(月) 11:00~19:00(最終日は16時終了)
場所:ふくい南青山291 2F(東京メトロ表参道駅B3出口より徒歩5分)
【入場無料】
地図はこちら(建物はちょっと奥まった場所にあるので注意!)

さて今年の長田製紙所の目玉といえばこれ「和紙の茶室」。

写真では出せない和紙の色や繊維の絡まり、手触り、匂いを都内で(しかも青山というオサレスポットで 笑)体験できる年に一度の企画です♪もちろん越前和紙以外の展示も逸品揃い。楽しいワークショップもありますよ。目の保養と美味しいお茶、まったりゆったりな時間と空間とをどうぞお楽しみください(^_^)v

ご参考までに:Facebookのアルバムですが、登録ない方でも閲覧可能です。
2012年の福時
2013年の福時
当ブログでも毎年紹介しております→こちら
長田製紙所当主ブログ「わし太夫」での「福時」の記録はこちら

ちなみにわたくしの出没予定は
4/19(土)お昼頃~16:00くらい
4/20(日)11:00~16:00くらい
4/21(月)11:00~後片付け終わるまで
です。土日は子供のスポ少やら何やらで平日より多忙ですが、なるべく長くいられるようがんばりまーす!お待ちしております♪

年の瀬のしあわせ2013/12/29 10:12

秋のある日、届いた一枚のハガキ。都内に住む高校の同級生からだった。
「フランス額装の展示会を友人たちと開催することになりました」
元は関西にいた彼女、旦那さんの転勤で都内に住んでいる。毎年の年賀状に「今年こそは会おうね」と書くばかりでなかなか顔を合わせる機会もなく数年が過ぎていた。これはちょうどいい♪と出かけてみたらば。

んまあなんてオシャレなギャラリー!無垢木の床、白い壁に飾られたカラフルな額縁。
お土産に持っていったeicoバッグが似合うこと♪

久しぶりに会った彼女は、相変わらずキレイで大きな目をパッチリあけてよく喋りよく笑い、ぜんぜん変わってなかった。だけど彼女が年月とともに積み上げたものは、確実に形となっていて。
Galary Hatch」という名のギャラリー、場所は飯田橋と市ヶ谷の間、昔武家屋敷が立ち並んでいたいわゆる「山の手」にある。
私の通っていた大学も会社も、実はここからほど近い。当時、相当にいろんなところを歩きまわっていたはずなのだが、この一角は初めて来た。こういうことでもなければまず通らない道。さては呼ばれたか?!

さらになんと彼女、GWの「掘り出し市@越前和紙の里通り」の常連さんであることが発覚。武生の実家に帰るついでに、額装に使う紙を毎年沢山お買い求めになっているとのこと。
ちょ、早く言ってよ!ていうか直接買い付けに来たらいいじゃん★などと盛り上がる
→その話を聞いたeicoさん、ノリノリで自作の和紙の額装依頼
→インターナショナルバザーに出品
業界?は違えど同じ創作の道、その丁寧な仕事と確かな手技に母いたく感心しお買い上げ、さらに数枚お願いすることになった。完成は3月頭、楽しみだ!

ギャラリーで作業中の彼女の元を辞したあとは、市ヶ谷・麹町郵便局裏にあるフレンチレストラン「シェ・オリビエ」にてアメクラバザー打ち上げ。
このレストランを打ち上げに使うのは三回目。相変わらずの雰囲気・お料理そしてデザート。2009年の開店以来ずっとこのレベルを保ち続けることは、並大抵ではないだろう。ここにも職人の技と心意気。居心地のよさについついお喋りに花が咲き、ランチタイム最後まで居座ってしまった。ごちそう様でした♪
バザーお手伝いのみなさま、いつもいつもありがとう!感謝、感謝です!これからもよろしくです♪

さて今年もいよいよ押し詰まり、新年まであと3日。今日の関東は快晴!
皆さま、本年も大変お世話になりました。来年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

よいお年を!