富士の魔力2016/07/01 11:42

ご無沙汰しております!なんてことでしょう、もう最後に更新してから半年以上経過!時のたつのは早いものですね(←)

さて、ちょっとばかり前の話になってしまいましたが、富士山について。
以前、長田のホームページからお問い合わせいただき、大きなサイズの越前和紙をお買い上げいただいた方の個展が、前回と同じ東銀座のギャラリーでひらかれました。
完成間近のころ、メールで一足先に見せていただいた富士山は、タブレットの小さな画面にも関わらず鳥肌が立つほどの神々しさでしたが、1.8×3メートルの実物はやはり相当な迫力でした。
一歩踏み込んだとたん、ギャラリーいっぱいに広がる富士山のすそ野。一枚目の作品、小豆島の「千年オリーブの木」は、ただ静かにそこに佇んでいる、その存在にふんわり包まれるようでしたが、今回は違う!こちらにぐいぐいと迫ってくる何かの力に、引っぱられる感じがしました。
これが色鉛筆で描かれたものとは…前回以上に驚きです。繊細で優しいイメージのある色鉛筆のタッチが、ここまで力強いものになり得るのですね。

静岡生まれの大沼信之さん、富士山には格別の思い入れがあると仰られていました。この絵を描くための習作(といっても完成度が高い!)の数々からもその心は十二分にうかがえます。富士山というモチーフそのものに力があり、それを選ぶことだけでも並大抵のことではない。以前に描かれたものとは明らかに、何かが違うと感じました。
越前和紙が繋いだこの不思議なご縁に、改めて感謝したい気持ちに加え、一種の畏怖の念にもかられています。富士の力を存分に得たこの方は、いったいこの先どのようなものを描かれていくのだろう? 一年の間、全力で大作に取りかかられ、しばらくは休みたいと仰られていましたが、まだまだ、むしろこれからどんどん描いていただきたいと思います。その際、紙の神がおわします越前の和紙がもしまたお役に立てるならば、こんなに嬉しいことはありません。
新たな挑戦、期待しております!

以下、大沼さんのご友人が作られた個展&ギャラリー動画を置いておきます。

私も頑張らなくちゃ…とりあえずブログ更新を。

もうすぐクリスマス♪の銀座を歩く2013/12/12 10:48

12月も早10日を過ぎ、まさに師走!の日々の中、行ってきました銀座。
今日の目的はこちら。
銀座和光「伝統を更新する『承』」
12/6~12/15 銀座和光本館6F
銀座のど真ん中、目抜き通りに面したショーウインドウ。個性的な作品の背景に和紙。見えるかな?道行く人も思わず目を留める
6Fは残念ながら撮影禁止だったので画像はないが、こちらも素晴らしい展示だった。それぞれの作家さんの、作品に対する気概と、自分自身の持つ技に対する高いプライドが直球で来る。その圧倒的なパワー、こちらは受け止めるだけで精一杯ながらも、強さをおすそ分けしていただいた気がする。
さてそんな中で、うちの和紙はどうしていたかというと。
(たぶんこの紙↓だと思われる。ふわふわの真綿引き絹)

白を基調とした展示室の柱と柱の間、各エリアを分けるパーティションがわりに並べて提げられた和紙のタペストリー。邪魔にならない軽やかなデザインと色合い、繊細に淑やかに、だけど周囲の強烈な個性に決して負けない。しっかりお仕事してました。
たまたまお話した係員の方は福井に行ったことがあると仰っていて、このタペストリーも大変気に入って下さっていた。楽しい時間をありがとうございます。福井はこれから食べ物も美味しい季節、是非ぜひお越し下さいね。

さて次は、といいつつ実はこちらに先に寄りました。
10/26にオープンしたばかりのコムサステージ銀座。なんと本物の桜がお出迎え
ちらほらと和紙のオーナメントが見えますね♪
この超絶オッシャレーなお店に、一瞬躊躇しつつもホイホイと入っていくことができたのも偏に和紙のおかげです♪いやでも昔は好きで何着か持ってたんですよーコムサ。
かつて「DCブランド」と呼ばれた頃から、ストイックなまでのシンプルにこだわっていたコムサ、その姿勢は今も変わらず。
こちらのお店は特に「和」を意識したそう。壁を丸くくり抜く、照明の光のほのかなグラデーション効果も並々ならぬ職人の技。
一見して洋服を買う客ではないとわかる(笑)私をあたたかく迎えて下さったスタッフの皆さん。丁寧に応対下さったイケメン店長さんも
「このお店のここの部分を作った、と仰る職人さんや作家さん、そのお弟子さんなんかがよくいらっしゃるんですよ。そういう方々とお会いしてお話するにつけ、いやすごいことだなと思わされます」
と語ってらした。
ひらがなのめりーくりすます、新年にはどのようなディスプレイに化けるのか?今後も楽しみです♪
さてそんな親切な店長さんに「ケーキ美味しいですよ♪」と勧められ、うっかり階段を降りてしまうとそこは…
んまあああこっちもまたオシャレだこと!!というか、昔懐かしい「カフェバー」(年がバレる 笑)なテイスト(・∀・)
コムサカフェ銀座
はコムサステージのB1。こちらではライブも行われるらしく、ステージらしきものが。その上に白銀に輝くツリー。
これがまた美しいこと
入り口は2つあって、こちらは多分店内を通らず外から直接入れる?
こちらにもツリー。で、その奥に見えるこの陳列ケースは…
きゃあああああ
ちょっとちょっと奥さん…
どうなのよコレ…
あああああ抗えないいいいい
というわけでこういうことに。左端の模様はココアパウダーで、スタッフさんが描いてました。何気にすごい(≧∇≦)/
ここでもスタッフの方はとても親切で、いろいろとお話できて楽しかった!新鮮フルーツたっぷりのケーキも、ダージリンもおいしうございました♪また行きます!

そんなこんなで、短時間ながらゴージャスで充実した銀ブラでございました♪和紙のおかげで、普段ほとんど縁のなかった場所に足を踏み入れられたという気がします。この機会にちょっとオサレにも目を向けなければ(^_^;)皆さまもお散歩がてら是非、お立ち寄りくださいませ♪

和紙をたずねて2012/07/05 22:52

いつものメンバーでお喋り&ランチがてらに和紙巡り。スタートはいつものillyカフェ、
そして日本橋高島屋。外の蒸し暑さを忘れるような涼し気な青を、自分を主張しすぎることなくそっと引き立てる和紙。大和撫子だわー。
和紙つくった人も書いといたらええのに。
この風呂敷もとってもオシャレ。
テーブルにもこのように夏野菜の絵が。
ランチは京橋「てんぷら深町」かき揚げ丼。ああ、写真撮っておけばよかった。夏野菜がゴロゴロ贅沢に入って大変おいしうございました♪

さてお腹がいっぱいになったので、もうひとつの目的地に向かう。腹ごなしにと思ったらなんだすごく近いじゃん。王子製紙の斜め前、紙パルプ会館。
貸しスペースでは、就職説明会が開かれており、リクルートスーツ姿の学生さんたちがわんさかと。皆見てみて、これ紙で出来てるんだよー。うーん、説明書き置いて欲しいなあ。
こうしてみるとなんとなく海月っぽくもある。光の色を変えてみたい感じ。
ビルの周囲も撮影しとかなきゃといつも後で思う。いかんなあ。王子製紙の立派なビルに負けないくらいの構えでしたよ。

たくさんお喋りして、たくさん食べて、お腹も心も満足な楽しい道行きでありました。次回は表参道予定(笑)。