有限と無限2015/09/25 19:04

雨の中、行ってまいりました。
ニコライ・バーグマン伝統花伝」@シャングリ・ラ ホテル東京27階、最終日でした。

デンマークはコペンハーゲン生まれのフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン氏の新作披露展覧会で、日本の伝統工芸品や美術作品がコラボレートされてます。そのひとつが人間国宝・岩野市兵衛さんの和紙。
こうして見ると生クリームののったケーキのよう。上からのぞくとミルフィーユの如く和紙が幾重も層をつくっています。和紙も元々は植物なのでお花には馴染みやすいのでしょうか。半端ない一体感でした。これだけはむしろお花より紙が主役のような、という印象は身内びいきか?一緒に行った長女は「市兵衛さんの紙がこんなに…何かもったいない」と。
シャングリ・ラ ホテルのビルは東京駅の真ん前という絶好のロケーションですが、26階まではオフィスが入っていて、エントランスは意外なほどこじんまりしています。ですが一歩入ればそこはさすがの5つ星。それはそれはゴージャスで贅沢な空間が拡がっておりました。
27階の会場には、そのラグジュアリーな雰囲気に負けないばかりか、更に引き立て更に輝く、華やかでゴージャスな作品の数々が展開されておりました。写真がうまくなくて申し訳ない。






実物はもっと色彩豊かでキラキラしていました。作品はもちろんのこと、ライティングの技術も素晴らしい。まさにプロの仕事!

このフラワーアート、生きた花を使っている以上、絵画や彫刻のように保存することはできない。花がその命をまっとうする前に、展覧会も「終わらなければならない」。非常に儚いアートです。いっぽう今回コラボした伝統工芸品たちはそれほど短い命ではない、和紙、焼物、漆器、織物といった、ともすれば人の寿命を遥かに超えてその姿を保ち得るものばかり。花はその命の短さ故に、その瞬間の美を切り取って最大限に発揮することに意義がある。器と成る工芸品にしても永遠にその姿を保つものではなく、二度と同じ花に出会うことはない。有限であるもの同士だからこその一期一会は、その空間を精魂込めてつくり上げる人がいる限り、無限に生まれ、続いていく。

外国人ビジネスマンも多く行き交う東京丸の内、近代的なタワービルの中に構えたシャングリ・ラが、彼のアートを採用している理由がわかるような気がした。エントランスやホール、廊下などはもちろんお部屋の中にも置いてあるらしい。うーん、泊まってみたいものだ。

とにかく圧巻の展覧会。雨だけど行ってよかった!画像は私のへったくそなやつより、ネット上に沢山きれいなのが落ちているので検索してみてください。あの色を出すのはさすがのiPadさんでも難しかった…というか私が使いこなしていないだけかも。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムが多いのでクイズ認証にします。
長田製紙所の「長田」、読み方をひらがな三文字で入力して下さい

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osasky.asablo.jp/blog/2015/09/25/7811351/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。