老猿さんのこと2011/03/02 16:09

越前和紙の話ではないけれど、と断るまでもなく、ここは既に何でもアリなブログなのだが(笑)、今日は懐かしの文章塾を思い出すお話を。
今はなき朝日ネット文章塾にて活動していた頃、実家の母に
「私の友達のきょうだいに、物書きが好きな仲間同士で書いたり読み合ったりしている人がいるみたいよ、同じ文章塾の仲間じゃないの?」
と聞かれた。その方は残念ながら文章塾の人ではなかったが、作家を目指して頑張っておられるということだった。
母の同級生にして50年来の友人はご主人ともに福井出身で、今は東京在住。私自身、お宅や仕事場にお邪魔させていただいたこともあるし、一家で実家にいらしたこともある。兄二人と娘さんと私で、新宿にフラメンコを観に行ったこともある。ほとんど親戚、いやそれ以上の間柄といっていいだろう。ついこの間も、両家の夫婦連れ立って九州で豪遊してきたらしい。
そのごきょうだいの方はハンドルネーム「老猿」さんとおっしゃる方で、残念なことに既に故人でいらっしゃるのだけど、娘さんがその志をブログにまとめられた。お父様の誕生祝いということである。
かなり沢山書いてらっしゃるので、全部目を通すには日数がかかりそうだが、きっちりとした端正な文章で、お人柄が偲ばれる。もうすこし早くコンタクトを取る努力をしていれば、お互いに作品を見せ合うことも出来たのかもしれない(なんて図々しいか)。

福井県の風物や情景がふんだんに書かれているので、こちらをご覧になっている皆様も是非ご覧になってみてください。

コメント

_ つばき。 ― 2011/03/03 09:37

こんにちはー。
懐かしい……文章塾。
なんていうか、もう一度あったら参加したいなぁって思います。
なんか、自分の少し違った(変わった)何かが発見出来そうなきがします。
(気がするだけだし、変わってないことの方が多いのですけど/爆)
最近たまーーーにブログに書いてますけど、まったくただの書き流しで、
小説でもないし、日記でもないし、となんだかもやもやしたままほそぼそと。
でも、何かを書きたいっていうのはあるのですよね。不思議と……

時間があるときにリンク先も拝見してみようと思います。
なんだか、ハンドルネームがいいですよね。

_ おさか ― 2011/03/03 12:11

つばき。さん

そうなんですよ、洒落たハンドルネームですよね♪
文章塾にも参加してもらえたらよかったなあ。

発表する場があって、読んでくれる人が一定数いれば
文章塾みたいなことはすぐ出来そうなんですけどね。
(考えてみれば案外体育会系でしたよね。全部読んでコメ入れてって 笑)
私ももやもやといろいろ考える春です。あ、今日ひな祭りだ。和菓子買ってこよ。

_ 老猿 ― 2011/03/05 18:48

こんにちは。
老猿こと早川です。ブログをご紹介していただき本当にありがとうございます!
ブログにおさか様とお兄様のブログのリンクをはらせていただきました。
越前和紙の美しさにびっくりです。近いうちブログで取り上げさせてくださいね。

_ おさか ― 2011/03/07 21:21

老猿さま
いらっしゃいませ♪
早速リンク張っていただきありがとうございます!
感想も少しずつ書きこんでいきますね。

もう一つ「もの書く人」というブログ持ってます。今のところほとんど本や映画の備忘録になってますが、創作も一部置いております。そのうち創作中心にしていきたいので、こちらにもお立ち寄りいただければ幸いです♪(このコメントの名前にリンクさせてます)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムが多いのでクイズ認証にします。
長田製紙所の「長田」、読み方をひらがな三文字で入力して下さい

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://osasky.asablo.jp/blog/2011/03/02/5717548/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 老猿 安彦 - 2011/03/04 17:41

おさかさんのブログ(越前和紙を紹介されている)
 
・ 越前和紙の小部屋
 
 
...